イーゼルで選ぶ

イーゼル
展示会・セミナーでは、ポスターフレームを掲示、設置するためにイーゼルが利用されます。
元々は、絵を描く際にキャンバスや画板をのせて固定するための台ですが、現在では、ポスターフレームを掲示するディスプレイ用や販促ツールとして人気が高い商品です。
当SignWebネットショップでは、イーゼルは、ポスターフレームとセットでご購入される方がほとんどです。
商品は、アルミ製のスタイリッシュものから木製の素朴なものまで各種取り揃えていますので、用途やサイズに合わせて最適なアイテムをお選びください。

イーゼルでのおすすめイーゼルRecommended products

イーゼルとは

イーゼルは、絵を描く際にキャンバスや画板をのせて固定するための台で、日本語では「画架(がか)」と言います。
イーゼルの歴史は古く、古代エジプトの時代まで遡り、語源はラテン語のAsinus(英語のロバ「ass」の語源)から由来していると言われています。

一般的に、デッサンやスケッチの際に画材を固定したり、完成した絵画を展示したりする際に利用されることが多いイーゼルですが、それ以外にもディスプレイ用の什器としてや写真やポスターなどをポスターフレームに入れて飾ったり、ホテルや飲食店などでメニューを入れて掲示したりなど、さまざまな場所やシーンで利用されています。

またイーゼルの形状としては、大きく分けて「三脚型」と「H型」の2種類があります。
三脚型は、正面から見ると二等辺三角形のような形で、H型よりも軽量で折り畳み式に向いているものが多いです。
一方、H型は正面から見るとHの字のような長方形をしていて安定性に優れていますが、三脚型よりも高価です。
三脚型の方がよりシンプルな構造となっていますが、用途はどちらも変わりません。

弊社では、素材の異なるディスプレイ用イーゼルとして「木製イーゼル」「アルミ製イーゼル」「スチール製イーゼル」など各種取り揃えていますので、用途やサイズに合わせて最適なアイテムをお選びください。

業種・シーンで選ぶScene list

業種で選ぶ

シーンで選ぶ