カフェで選ぶ

カフェ
カフェと言えば、やはりおしゃれでデザイン性の高い店舗用品がおすすめです。
店頭には定番のA型看板やR型看板をはじめ、手書きで味わいの出せるチョーク黒板やブラックボード、店内にはメニュー表や記名表を置くメニュースタンド、壁面を飾るポスターフレームやタペストリー、テーブルやカウンター周りに便利なカード立てなど、カフェのコンセプトにマッチした各種アイテムを組み合わせて使用することで、居心地の良いリラックスした雰囲気を演出することができます。
弊社では、カフェに最適なおしゃれかつデザイン性の高い商品を豊富に取り揃えていますので、お客様のご要望に応じたご提案が可能です。
商品選びでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

カフェにおける活用事例

商品カテゴリー名が書いたブルーのタグをクリックしてください。下部にある各カテゴリーのおすすめ商品一覧に移動します。

カフェ

カフェでのおすすめ黒板・ブラックボード・ホワイトボードRecommended products

黒板・ブラックボード・ホワイトボードとは

弊社では、さまざまな種類の黒板やブラックボード、ホワイトボードを取り揃えています。

チョークで書ける黒板は、フレームの無いシンプルなタイプをはじめ、裏に粘着材が付いたシートタイプ、脚が付いたスタンドタイプ、卓上やカウンターに置けるミニタイプなどがございます。チョークならではの柔らかく優しい雰囲気が出せるため、飲食店やカフェ、雑貨店などにおすすめです。

マーカーで書けるブラックボードは、フレームの付いたタイプもフレームの無いタイプもあり、黒板と同様にスタンドタイプもご用意しています。マーカーはチョークと比べて文字などをはっきり表現することができ、書き消しも簡単に行えます。

ホワイトボードは、アルミ枠の付いたスタンダードなタイプをはじめ、学校や会社の会議室などでよく見かける回転ボードタイプ、持ち運びが簡単でさまざまな場所に貼り付けが可能なシートタイプ、脚が付いたスタンドタイプなどバリエーションも豊富です。

また、チョークマーカーペンイレーサーなどの関連商品も多く取り揃えていますので、ぜひ一緒にチェックしてみてください。

カフェでのおすすめイーゼルRecommended products

イーゼルとは

イーゼルは、絵を描く際にキャンバスや画板をのせて固定するための台で、日本語では「画架(がか)」と言います。
イーゼルの歴史は古く、古代エジプトの時代まで遡り、語源はラテン語のAsinus(英語のロバ「ass」の語源)から由来していると言われています。

一般的に、デッサンやスケッチの際に画材を固定したり、完成した絵画を展示したりする際に利用されることが多いイーゼルですが、それ以外にもディスプレイ用の什器としてや写真やポスターなどをポスターフレームに入れて飾ったり、ホテルや飲食店などでメニューを入れて掲示したりなど、さまざまな場所やシーンで利用されています。

またイーゼルの形状としては、大きく分けて「三脚型」と「H型」の2種類があります。
三脚型は、正面から見ると二等辺三角形のような形で、H型よりも軽量で折り畳み式に向いているものが多いです。
一方、H型は正面から見るとHの字のような長方形をしていて安定性に優れていますが、三脚型よりも高価です。
三脚型の方がよりシンプルな構造となっていますが、用途はどちらも変わりません。

弊社では、素材の異なるディスプレイ用イーゼルとして「木製イーゼル」「アルミ製イーゼル」「スチール製イーゼル」など各種取り揃えていますので、用途やサイズに合わせて最適なアイテムをお選びください。

カフェでのおすすめサインスタンドRecommended products

サインスタンドとは

サインスタンドは、店舗・商業施設・ビル・病院・学校・駐車場など様々な場所で使用される、簡単に移動や設置ができるスタンド式の看板です。 また、「スタンド看板」「スタンドサイン」「立て看板」と呼ばれる場合もあります。

用途としては、商品・サービス・メニュー案内など販売促進目的で使用される場合や、店舗名やロゴを表記し、自店舗や企業まで誘導する看板としての使用がメインとなります。
その他、駐車禁止のような駐車場看板や交通標識・禁煙のような注意喚起に使用される案内サインもあります。

種類としては、屋外用でポピュラーなA型看板R型看板(カーブサイン)T型看板(タワーサイン)をはじめ、飲食店に多く使われている黒板パネルスタンド、屋内用のポールスタンドなどがあり、その他にも夜間に活躍するLED・電飾看板や店舗のイメージに合わせた和風看板など幅広くタイプがございます。
また最近では、デザイン制作のみ自社で行い、出力は激安・格安のネット通販を利用して価格を安く押さえることで製作可能な簡易タイプのスタンド看板も増加傾向にあります。

カフェでのおすすめデジタルサイネージRecommended products

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、屋外・店頭・公共施設・交通機関など、あらゆる場所でディスプレイやプロジェクターなどの表示機器を使って、広告や看板、掲示板などの用途で映像や文字などの情報を発信する手法の総称です。日本語では「電子看板」や「デジタル看板」、「電子広告」などさまざまな名称で呼ばれます。

デジタルサイネージは大きく2種類のタイプに分かれ、SDカードやUSBメモリ、HDDなどの記録媒体をディスプレイにセットし、作成したコンテンツデータを読み込ませて表示する「スタンドアロン型」と、ネットワークを通じてダウンロードしたコンテンツを複数拠点に同時配信する「ネットワーク型」があります。
前者は、必要な機器が少なくシンプルなシステムのため比較的低コストで導入でき、動画や静止画を表示させることに適していますが、それらのコンテンツを更新する手間がかかります。
一方で後者は、インターネットを利用しているためコンテンツの差し替えが容易で、遠隔操作で複数のディスプレイを一括管理することにより同時に切り替えたり情報を更新したりすることも可能ですが、コストが高くなります。
そのため、設置する場所や用途に応じて「スタンドアロン型」か「ネットワーク型」のどちらかを選ぶ必要があります。

デジタルサイネージは、ポスターなどの紙媒体に代わる新しい情報伝達媒体として期待が高まっており、技術も日々進化しています。 今後も広がりを見せつつあるデジタルサイネージから目が離せません。

カフェでのおすすめマガジンラックRecommended products

マガジンラックとは

カタログやパンフレット、A4チラシなどを収納し、お店や病院の待合室などで活躍するマガジンラックをご紹介しています。
マガジンラックを置くことでカタログなどがきれいに整理され、本棚と比べて表紙が見やすく手に取りやすいなどのメリットがあります。

マガジンラックにもさまざまな種類があり、ワイヤー式で平置きタイプのシンプルな「マガジンラック PRS-225」、仕切りがなく幅広いサイズに対応可能な2列4段タイプの「マガジンラック MR-124」、B1ポスターパネル付きでラック部が3段階に角度調整可能な「マガジンラック MR-851」など、その他のマガジンラックも取り揃えています。

サイズや設置場所、雰囲気などに合わせて最適なマガジンラックをお選びください。

カフェでのおすすめパーテーションRecommended products

パーテーションとは

パーテーションとは、会社やお店などの空間を分けるための間仕切りのことで、パーテーションを利用することで空間を自由かつ有効的にレイアウトすることができます。
弊社では、さまざまな種類のパーテーションを取り揃えています。

ベルトパーテーション LP-92」は、支柱がステンレス製で耐久性に優れ、スタッキング仕様のため収納にも便利です。また、巻取式ベルトとベルト受け付きで手軽にお使いいただけます。

屋外用パーテーション チェーンスタンド」は、フック付きのリーズナブルな注水式パーテーションです。ホワイト・ブラウン・シルバーの3色展開で、雰囲気に合わせてお選びいただけます。
また、チェーンスタンドなどフック付きパーテーション用の「プラスチックチェーン」や「パーテーションロープ 20C」、「パーテーションロープ 25C」など各種チェーン・ロープもございます。

サインキューブシリーズ」は、街の景観にマッチしたデザインと大きな表示面で安定感のあるパーテーションです。
上部に取っ手が付いているため持ち運びも便利で、表示面の種類も豊富となっています。

その他にもさまざまなパーテーションがございますので、所品選びでお困りの際はぜひお気軽にご相談ください。

カフェでのおすすめ新型コロナウィルス感染対策商品Recommended products

お客様の声Customer voice

業種・シーンで選ぶScene list

業種で選ぶ

シーンで選ぶ